MKエフシーblog

メンタル系フットサルサークルのお知らせ&日々の暮らし

 だいぶ前の話しになるけど、今年10月に卒業した通信制大学の同級生と、国家試験に向けた勉強合宿しました。
in御殿場・時之栖。

 通信制大学だから年齢はバラバラだけれども、男女合わせて8名の合宿で学校の先生も参加してくれました。こういった形での合宿はそれこそ10数年前の大学以来。

 日中は試験勉強対策だけど、夜は専攻対象の精神保健福祉分野について語り明かしたりする。
本当に楽しかった。……だけじゃなく、ひとつの対象に対して同じく興味を持っている人たちと夜通し語り合えるのってただ楽しいだけじゃない、今後生きていくうえでの大切な宝物になりますよね。この感覚、本当に久しぶり。

 その際、大学の先生のイギリス研修旅行の話しをお聞きする。

 以下、その時の内容と感じた事を取り留めなく備忘録的に書いてみる。
精神保健福祉最先端のイギリスでは、今『リカバリーカレッジ』と呼ばれる精神障がい者対象の地域施設整備が進んでいるんだとか。平たく説明すると、学ぶ事と語る事とを通してリカバリーを図っていく試みで、フィンランドにおける『オープンダイヤログ』にも通じているのかも。でもイギリスが凄いのは、局地的実験的取組みじゃなくて制度として普遍化を図っている点。日本の精神保健福祉制度は歴史的にもイギリスの後追い的な部分があるから、数年後には日本にも普及していたりして。
 あと、イギリスでは日本でいう就労継続事業所などの、いわゆる福祉的就労は若干ネガティブに捉えられていて、障がい者が一般企業に就労する事、そして一般企業は障害枠やその為の環境を整備する事こそが地域で暮らすいわゆるソーシャルインクルージョンだと捉えられているんだとか。就労移行支援事業所で働く身として、この視点はとっても重要。
そしてなによりこの流れ、MKエフシーのメンバーも多く参加している競技系精神障がい者フットサルチーム『ブルースカイ』が最初は精神障がい者用のフットサル大会を目指して活動していたのが、徐々に意識が外に向いてきて、メンタル系チームブルースカイとして一般大会に出場する事にこそ意義を見出してきた、そのプロセスにも近いのかもと思ったり。学びって本当に色々な所でリンクしあうものなんですよね。

 そんなこんなで語り明かした合宿の夜。
ちなみにこの時の諸々の料金、一泊二日(夕食・朝食代入浴代込)で10,000円也。
交通費も高速バス使えば新宿から3,000円!安い!

 それと、合宿会場の時之栖ってサッカー日本代表も定期的に合宿会場に使用しているらしく、いたる所に日本代表の写真がありました。そんな訳でサッカー+フットサルの設備も充実してました。
いつかMKエフシーでも合宿できるといいですよねっ!

デワデワ
2014御殿場合宿2014御殿場合宿22014御殿場合宿32014御殿場合宿4

スポンサーサイト
5月17日(土)に今通っている通信制大学の最後のスクーリング(実習の振り返りと発表)がありました。

毎回思うけど、所属しているピアコース(通信教育版ゼミのようなもの)の人達に会うのが本当に楽しみ。
それぞれがそれぞれの場所に自分の生活を持っていて、そんな日々の生活とは少し違う場所の人達だからこそ他の人には話せない事を話せたり、あるいは話す必要がなかったり……。この感覚、既視感あるなぁとずっと感じてたんだけど、最近になって子どもの頃に同世代の従兄弟に会うあの感覚に似てるのかなぁなんて思ったり。

20代の頃の大学時代、工学部としてそれはそれで楽しく学んでいたんだけれど最後の最後で消化不良に終わった所あってそれがずっと心残りだったけど、学ぶのに遅すぎる事はないのは本当だと実感。寧ろ30超えてからこそが学びの本番とすら思うので、学びたい事がありつつも躊躇している方々は是非~。きっと素敵な出会いがあると思いますよ。

Manabu(学ぶ)カテゴリーの記事がまだ一回しか投稿されていない事実からも分かるように、4月は大学の勉強を殆どしていませんでした……。(テヘッ)年度初めの新体制で仕事が色々忙しくて……。まぁ、仕事内容が大学で学んでいる精神保健福祉のテリトリーなので、都合よく解釈するならば、仕事に打ち込んでいる事こそがなにより生きた学びとなるのだっ!ともいえる訳で。

とはいうものの、仕事をいくら頑張ってもレポート課題が仕上がらない事もまた事実な訳で。GWにレポート課題を頑張るつもりが、思いのほか仕事が入っていた事もあって殆ど進まず……。そこで表題の宣言。GW明けからレポート作成に明け暮れております。

ここ最近の勉強内容は生活保護制度と労働者の社会保険問題。仕事をしていてつくづく感じるのは各種福祉サービス制度や支援機関がうまく必要としている人達に届いてないという現状。そしてまた、ボク自身も、仕事の一環でまがりなりにも行政委託の電話相談業務を行っていながらも、そういった制度を把握しきっていないもどかしさ。もっと危機感持った方がいいですよね……。ただ、そういった相談援助のプロ達と接していても、傾聴や寄り添いは上手いけれども制度を把握していない人が結構多いんです。逆に福祉制度に頼り過ぎるあまりに正津から少し外れた福祉&医療以外の民間ベースの社会資源に目を向けなくなってしまう人も居るけれど、やっぱりまずは福利とその近接制度をしっかり把握する事だなぁ、と日々の勉強と仕事で実感しています。

制度って無味乾燥で味気ない一方で、キッチリと整理されているので一回整理できるとすぅ~と頭に染み込んでいくのが、今回の社会保障関連の勉強で感じました。今後、レポートの先にそびえる資格勉強においてはそういった制度の全体像をいかにマッピングできるかが大切になってくるんでしょうね。

写真はこの週末に仕事の一環で行った就農体験イベント。千葉県における当事者支援としての就農施設、増えていますね。それこそ、福祉制度を利用したものから民間ベースのものまで様々な形で。いつもはボール蹴ってる足がみての通り泥だらけで、この後、足を洗う。別に悪い事はしていない。

田植え後の足やらまいか焼き芋
このブログ、MKエフシー関連だけだとボクのモティベーションも続かないので、ちょくちょく無関係のトピック入れていきます。特に、学んでいる事を記録するのって同じ分野や資格に興味ある人の参考にもなると思うし、なにより!自分自身の勉強の進行具合を把握するのに有効ですしね。

個人専用の別ブログを作ろうかとも思ったんですが、管理が面倒くさいので……。
そんな訳ですので、この情報過多な時代、MKエフシー情報だけで十分だという人はMKエフシーからのお知らせをブックマークしておいてください。

まずは4月6日にあった、現在学んでいる大学の通信教育生向け国試ガイダンスの備忘録。
ちなみに目指しているのは『精神保健福祉士』という資格(通称PSW)。
メンタル系業界と接点ある人なら、もしかしたらなんらかの形で資格保有者に会った事あるかも?
ボクの職場でも代表から仕事の一環として取得するように言われてたりする。

ガイダンスで特に印象的だった事、そして実践しようと思っている事を箇条書き。

●参考書はむやみに買わない!これと決めたものをジックリやる!
これはまったくその通り。特に目移りしやすいボクにとって心に刻む必要あり。いっそ刺青にして体に刻もうかな?ちなみに、今のボクの手元には目につくたびにセッセと買い集めたフットサルのテクニック本が10冊近くあるけど、どれひとつまともに読んでいないっていう……。

●PSW国試はひとつでも0点科目があると、合計点がどんなに高くても落ちるシステムなので、苦手科目を作らない。
うむ……御無体なシステム。これは国立出身の人は強いだろうな。ボク、一番目の大学では古文が苦手、化学も苦手ってので私立理系の物理受験にした口だから、苦手科目の勉強っての自体が苦手だ……。幸いにも、今のところPSWのレポート書くうえで科目で苦手科目はなく、全部興味ある。ただ、これが試験対策となると違ってくるんだろうな。

●1日1問でも、5分でもいいから毎日持続してコツコツ勉強する。
勉強する時はジックリして遊ぶ時は1日パァーと遊ぶ、そういったやり方もあるんだろうけど、ボクはどちらかというと毎日コツコツタイプだと思う。特に週5(時に週6)で仕事しながらだと、どうしても合間を見つけての勉強方法になっちゃうだろうし。その為にもブログで日々の勉強を記録するのは有効だと思う。

●仲間の存在
ちょっとクサい言葉だけど、レポートを通してもその大切さは実感してるので、国試ではもっと重要になるんだろう。
今の大学、PSW過程の中でも特に変わったコースを持っていて、当事者経験のある人達専用コース(ピアコース)があったりする。実際、この存在がありがたかった。PSWを学ぶという特性上、ピアコースの人達と自分や周りのメンタル関連の話しをする事自体が大きな学びになるし(というか大学の授業より!)、そこで知り合った仲間とは勉強面、もっというと今後働いていく上でも色々と繋がっていくんだと思う。えーと……彼女もそこで見つけた(照)


なんにせよ、環境も頭の働きも18歳の大学受験時と違うから、仕事やらサークル活動しているという今の環境に合わせた自分なりの勉強方法を早く見つける事が必須だ。
まずは4学期レポートを5月、遅くても6月中に終わらせる事を当面の目標にする。
ちなみに4学期レポート、今だ手つかず……。

サクラサク